So-net無料ブログ作成
検索選択

黒田 涙の胴上げ 広島の黒田投手、宙舞ったね!^^ [経済]

黒田、涙の胴上げ

広島の黒田投手、涙の胴上5度宙舞ったね!


hirosima2.JPG


野球評論家の張本勲さん

11日、TBS系「サンデーモーニング」
(日曜前8・0)の名物コーナーの御意見番スポーツで、10日に25年ぶりのリーグ優勝
を果たした広島に「大あっぱれ」を贈った。



とのかく巨人に勝利し優勝を決めた広島に
「大あっぱれでしょう」と祝福した。

勝因としては黒田は走りこんで体をつくる。

それらをみならい若手がついてくる
黒田の野球に対する姿勢を絶賛。


話は変わり、


しかしUSオープンは残念でしたね。

準々決勝でアンディ マリーに3-2で勝利するも
スタン ワウリンカ選手に1-3と敗退・・・


ラケットを幾度もたたきつけて
いらだちを隠せなく焦りもあり

kei.JPG
圭が戦っているのは、ネット越しの相手
スタン・バブリンカ(スイス)とちがい
錦織、自身に見えた感があるわ・・




後すこし、壁があるようで、今年には
乗り越えてほしい!

 【引用ですが】

負けた錦織の記者会見で笑いが起きた。「今後、決勝に進んで勝つには何が必要か?」との質問に対し、「うーん、フィジカル的にはもっと強くなりたいという気持ちはありますけど、ドーピングをしない限り難しい」。ドキッとさせる表現を使ったからだ。力の限りは尽くしたという心情を、刺激的な冗談にくるんだようにも感じた。

冗句はTOPかな(笑) ...

タグ:優勝
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

蛍光灯や白熱灯が製造中止に?LEDは本当にお得 [経済]

久しぶりですが、
今回はすこし経済について書いてみます。V (=^▽^=)


11月26日、安倍晋三首相

来年度から白熱灯に、※1「省エネトップランナー方式」を適用する方針を明らかにした。

とありました。



※1「省エネトップランナー方式」とは、指定した品目において”最もエネルギー消費効率が良い製品”を作らなくてはならないという制度


政府は今後省エネルギー規制を進めていくが、
蛍光灯や白熱灯から「LED」へ置換えをめざす方針!

なぜ今この規制を行うの?

蛍光灯や白熱灯をLEDに切り替えて消費者にメリットはあるか?


LED照明への切り替え消費者にとってはどのようなメリットが?

皆さんご存知だと思いますが、LED照明は価格が高いけど「省エネ」で
「寿命が長い」事を売りにしていますよね、


生産が大きく増えてきたLED照明、普及のネックになっているのは価格の高さ、



*大手家電量販店では、白熱電球なら60W/1個100円ぐらい、蛍光灯は300~500円程度で買える。

けれどもLED電球なると→約1000~3000円と10倍もします。
こんな価格差があるんよ!

そんな事もありH25年のLEDの一般への普及率は23%に留まっているとパナが言ってますが・・・

計算上だと、省電力で言えば
LED電球は、白熱灯の2割、
電球形蛍光ランプの7割 の電力で済む

もっとも違いところは、

その寿命、
白熱電球は寿命が長いもので1000時間 LED→4万時間
の40倍、

蛍光灯は10000時間といわれているが LED→4倍~5倍の、40000時間まで点灯を維持できるようですよ。


ということで、LED照明と、蛍光灯や白熱灯どちらが得なのかは?



今の白熱電球が1,000~3,000時間程度、今の蛍光灯が9,000~12,000時間となっている

通常のLED照明は寿命が極めて長いですから、
(製品によりますが大体:20,000~60,000時間)だから、

既存の照明器具より長期間のランプ交換が不要となるということで、
LEDはもっと安くなりだろうから、得って事。 (/o^)/

★わかりましたか・? 分かり難くてすいません... (uωu人)


0916北川登紀子.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース